読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大阪 ファイナンシャルプランナー・キャリアコンサルタント 郡山浩二 K2planning

大阪のファイナンシャルプランナー・キャリアコンサルタントK2planning

□医療保険

 ここ数年の医療技術の進歩は目覚ましいものがあります。

 磁気共鳴画像装置(MRI)や超音波診断装置、X線CTスキャン(コンピューター断層撮影装置)、開腹せずに結石を取り除く体外衝撃波結石破砕術(ESWL)や、心臓の血管内に風船を挿入して膨らませ閉塞部分を再開する経皮的冠状動脈形成術(PTCA)、心臓人工弁、心臓ペースメーカー、人工骨、人工関節、眼内レンズ、人工内耳、自己血糖測定器(グルコースセンサー)など急速に進歩を遂げたと言われています。

 上記のように医療技術の進歩や診療報酬改定などにより、現在は短期入院や日帰り入院が増えてきています。

 

 このような状況の中、以前に加入した医療保険が4日免責や20日免責の入院給付のままになっていたり、60歳や80歳満期のままになっている方々がまだまだたくさんいらっしゃいます。

 

 そもそもまさかのために加入している医療保険がまさかの時に使えないようでは本末転倒です。そこで、保険商品も時代に合わせてどんどん進化しています。

 最近の医療保険では日帰り入院から入院給付があるものがほとんどですし、三大疾病(がん・心筋梗塞脳卒中)に対応するものや、先進医療にかかる技術料に対応する特約、保険料免除特約など保険も進歩しています。

 

 しかし以前からの保険が最近の医療環境に対応していないからといって、その保険を解約し新しい保険に加入しようとすると、保険料は加入時年齢で計算するため、以前の保険より高くなるのは当然でし、ましてや体況次第では新しい保険に加入できないこともありますので、注意が必要です。

 そこで新しく加入する際は、入院日額当たりの給付額や保障内容など必要最低限などに抑えつつ、新契約が成立した時点で前契約を解約したり、新契約と前契約が同じ保険会社であれば転換制度を利用するといいでしょう。